症状別説明

股関節痛

股関節痛

股関節を曲げた時の痛み

股関節を曲げる時の痛みの主要になる筋肉というのがあるのですが

腸骨筋と大腰筋という2つの筋肉を総称して腸腰筋という筋肉がメジャーになります。

この筋肉は腰痛の方も非常に重要になります。

キャプション

股関節がズキズキと痛いような場合この筋肉が原因の可能性が考えられます。

触るときは、お腹側から触りますので自分お腹あたりが硬いという人は可能性があります。

股関節の歪みについて

股関節は、骨盤に寛臼(かんきゅう)という穴があるのですが、その穴に大腿骨という骨がはまっています。

その大腿骨と骨盤を安定させる腸脛靱帯があります。

この靱帯は大腿骨がはずれないように安定させています。

しかし、片足立ちが多かったり足を組む癖などがあると大腿骨がはずれそうになり靱帯が硬くなります。

はずれそうな感覚があったり骨盤の側面がポコッとでている方は可能性大です。

当院では、股関節の位置を調整することによりスッと痛みが軽減されることが多いです。