施術

施術

施術

私の施術に対する特徴を説明していきます。

全身を調整

ソフト整体ではない

症状を追っかけない

施術法は、複数

などです。

解説していきます。

全身を調整

一般的には症状に対して体を施術していくというのが多いです。

もちろん症状に対して施術はしていくのですが、体全体の機能がしっかり働くということが大切です。

上半身ですと、頭〜指先 下半身だと腰〜足先までです。

これらの部位の機能を最大限まで回復していきます。

関節可動域

筋肉の柔軟性

神経伝達

骨の位置

を正常にしていくことにより、機能がどんどん回復していきます。

全体の機能が回復すると、症状は落ち着いていきます。

ソフト整体ではない

今業界で流行しているのが「ソフト整体」というものです。

バキボキしない・痛くありませんなどですね。

私の施術は逆でバキボキもするし、痛いところは痛いです。

もちろん、痛くないに越したことはありませんが、しっかり改善していくには理論上難しいです。

症状を追っかけない

患者さんの立場からすると、症状をなくすのが目的です。

しかし、その場のビフォーアフターというのはあまり意味がないかなと…

施術をしても、日常に戻ると症状は戻っていきますので次回来院された時に痛みが消えたかどうか確認しても「まだ、痛い」という結果になります。

症状というのは、骨の歪みや関節の可動域が減少または亢進していることで痛みが出ます。

これらが、初回より良好であれば痛みは減っていきます。

施術法は複数

施術法は、部位や状態により違います。

骨格の歪みに対しては。「カイロプラクティック」という技術を使っていきます。

いわゆるバキボキというような施術法。

怖いイメージがありますが、それは捻るような激しいやり方です。

私は「橋爪式のカイロ」を施術法としています。

今まで、いろいろなカイロ技術を学びましたが、このやり方はとても安全で効果的です。

カイロプラクティックというのは、いわゆる直接法といって歪んでいる方向と逆の方向つまり正しい方向に対して矯正していく技法です。

それに対し「間接法」といって歪んでいる骨をさらに歪む方向に促していく矯正法もします。

これは、直接法をする時に患者さんの体が防御反応を起こした時筋肉が拘縮してしまうのでうまく動かしにくいです。

しかし、間接法はさらに歪む方向に矯正していくので防御反応は起こりにくいです。

理論としましては、脳としては関節がある一定以上の歪みが起こると異常反応を起こし正常に戻してくれるということになります。

これらの直接法・間接法というのを使い分けていきます。

筋肉に関しては、筋肉が癒着している「硬結」を触診で探し押圧していきます。

硬結があるところは血流が悪く筋肉がうまく伸縮しません。

そこで硬結を押圧していきほぐしていきます。

硬結は痛いですが、硬結がなくなれば筋肉はほぐれ体は楽になります。

もう一つは、私が開発した硬結をつまみ引っ張るという施術法です。

これは、臨床をしていた中で開発できたのですが硬結を指圧しても取れない場合はこの施術法で取れることが多いです。

もう一つは、筋肉が弱化しているところを”筋紡錘テクニック”という施術法で施術していきます。

この施術法を使うと筋力が増加し、機能回復が早くなります。

これらのような施術法を使い体を整わせていきます。